毎日同じ時刻にゼンマイを巻いてあげましょう

機械式時計には自動巻きタイプと腕に装着しておけば、腕の動きにより内部のローターが回転をしてゼンマイを巻いてくれる自動巻きタイプの2種類があります。

自動巻きタイプの場合、腕に装着していればゼンマイを巻いてくれるので、なるべく毎日腕につけて持ち歩くのがお勧めです。しかし、自動巻きタイプの場合は竜頭を引っ張ってから、竜頭を回してゼンマイが巻き上げられるまでの操作となるので、定期的にゼンマイを巻いてあげる必要があります。

尚、ゼンマイを巻く時にはこれ以上回らないなどになる手前で巻き上げを終えておくようにするのが手動巻の機械式時計を取り扱うコツです。

さらに、ゼンマイは一定の間隔で元の状態に戻ろうとするので、ゼンマイが元の状態に戻るタイミングを見てゼンマイを巻いてあげるのがコツです。

しかし、ゼンマイが元の状態に戻るタイミングがどこになるのか分からないため、毎日同じ時刻にゼンマイを巻いてあげれば機械式時計を長く使いづける事が出来ます。

分解掃除を行うと長持ちしますよ

機械式時計は数年に一度の割合でオーバーホールを行うと良いと言われています。

オーバーホールとは分解掃除や劣化した部品の交換修理などで、時計職人と呼ばれている専門家にお願いする事で可能になります。

最近は、時計職人と呼ばれている専門家が少なくなっているので、大きな時計店や専門店に行けばオーバーホールの受付をしてくれます。

尚、分解掃除をすると内部の歯車などの回転が良くなるので、正確な時を刻む機械式時計に戻ります。

ウブロは新興の高級腕時計メーカーですが、世界中の有名プロスポーツ選手達が愛用していることで知られています。その斬新なデザイン性は、時計マニアの間でも高く評価されています。