切子のグラスのきらめき

東京には、古くから受け継がれてきた技を生かして作られた伝統工芸品が数多くみられます。日常の暮らしにしっくり馴染む、長く使い続けたくなる工芸品を大切な人への東京土産に検討してみてはいかがでしょうか。

カットグラスの技法を駆使して作られる切子の器は、光の加減によって様々な表情を見せてくれます。グラスは、切子ガラスのなかでも特に人気があります。好きな飲み物を美しいガラス器で味わうひとときは、和の心を感じながら過ごす寛いだひとときになることでしょう。

グラスのほかにも、手付きのカップやプレート、蓋付きの容器、花瓶など、様々なバリエーションがありますので、どんなシーンで使うかを考えながらじっくり選んで下さいね。

手漉き和紙の趣ある美しさ

現代生活では、洋紙を使う機会が増え、和紙に触れる機会が少なくなっていますよね。東京には、手漉き和紙特有の美しさを生かした製品を扱う老舗が残っています。ちょっと粋なお土産を探しているなら、手漉き和紙で作った小物類に目を向けてみて下さい。

正月やひな祭りなど、季節の行事に合わせて作られた置物も素敵ですし、小物入れやノートといった実用性が高い物も喜ばれます。夏場であれば、涼を呼ぶ団扇や扇子を選ぶのもおすすめです。忙しく日々を送るうちに忘れてしまいがちな季節感を思い出させてくれる贈り物は、相手を思いやる優しさが伝わる贈り物になることでしょう。趣ある東京土産との出会いは、東京の魅力を再発見させてくれますよ。

カンパネラという言葉は、ルネサンス期のイタリアに実在した社会思想家の名前です。彼は自身が理想としてきた神政による国の実現のために、当時の支配下であるスペインに反乱を起こした人物です。